ココと狐狸洞の書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS 【本国放送】扶揺皇后#9〜12

<<   作成日時 : 2018/07/11 10:43   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

※この日記には日本未放送ドラマのネタバレが含まれていますのでご注意ください
※中文字幕での視聴により内容の正確性については一切、保証できません
※ご了解の上でお楽しみくださいますようお願いいたします


扶摇 Legend Of Fu Yao
第9話〜第12話

さて先週は五色石少女・扶揺(フヨウ)が軒轅旻(ケンエンミン)こと長孫無極(チョウソンムキョク)と玄元山を脱出し、小七(ショウシチ)と合流したところで終わりました
第9話では主要人物が一斉に移動します

無極は晴れて自由の身となった扶揺にこれからどうするのか尋ねます
扶揺はひとまず太淵の都・昆京へ行こうと決め、小七もついて行くことに
無極も行き先は同じですが、追われている自分と一緒にいては危険だと判断し、ひとまずお別れ
こうして扶揺は6歳から12年暮らした山を離れます
そんな扶揺を蒼穹(ソウキュウ)幻生殿殿主・非烟(ヒエン)が静かに狙っていました

一方、太淵の国公・斎震(サイシン)は天煞(テンサツ)国国王・戦南城(センナンジョウ)と取引完了、摂坤鈴(セツコンリン)を送り届けてもらうことになりました
戦南城の要求は両国にまたがり共同管理している長瀚(チョウカン)山ですが…
↓今回は伝書鳩ならぬ伝書鷲?しかも本物?!
画像
そんな折、国王・軒轅靭(ケンエンジン)の病状が思わしくないと報告があり、斎震は軒轅旻の捜索を続行しつつ回京を決定
そこで役に立ちそうな五州医聖・宗越(ソウエツ)を懐柔して連れて行くことにします
この時、宗越は3つの条件を飲んでもらっていました
ひとつ、喧騒を嫌うので人付き合いしない、気難しいので使用人を自分で選ぶ
人を治すことも殺すこともある、偽善者や偽君子にはなれない、と…ʅ(◔౪◔ )ʃ<意味わからん

西へ向かっていた扶揺と小七は薄気味悪い竹林へ迷い込み、妖気に襲われます
すると偶然、通りかかった天煞国の部隊が危ないところを助けてくれました
↓もうこの時点で扶揺が気に入ったのね〜な展開w
画像
扶揺と小七は危険なので一緒に行動するよう勧められ、その夜、2人は部隊と一緒に野宿することに
実は扶揺を救った男こそ、斎震に摂坤鈴を届けるよう命じられた烈王・戦北野(センホクノ)でした
しかしみんなが寝静まった頃、北野は腰に付けていた摂坤鈴を盗まれ、小七が行方不明に
当然、小七が疑われ、扶揺は小七が見つかるまで帯同を余儀なくされます

婚儀を済ませた燕驚塵(エンキョウジン)と裴瑗(ハイエン)も昆京へ向かうことに
すると掌門・燕烈(エンレツ)は息子が裂魂散(レツコンサン)を持っているか確認します
昆京で地位を築くことができた暁には醜い裴瑗が足枷になることは必至
燕烈は時機が来たら裂魂散を使うよう勧めますが、その密談を裴瑗が聞いていました(またかっw)

太淵の都・昆京
かつて五州と蒼穹の一戦で天地が5つに分かれた時、水権を手にしたのが太淵です
しかし病床の国王が御水の術で統治できない今、太淵はもう何ヶ月も暴雨に見舞われていました

帰京したものの屋敷に閉じこもっている斎震
未だ軒轅旻を見つけられない中、ピンチが訪れます
なんと御史・章鶴年(ショウカクネン)の屋敷に突如、軒轅の血脈だと名乗る少年が現れたとか
斎震は章鶴年にも自分と同じ野心があると気づき、動揺を隠せません
しかしその実は無極が送り込んだ少年、これも軒轅旻として王位につくための予防線でした
ここで黙っているわけにはいかない斎震
章鶴年が軒轅暉(ケンエンキ)と名乗る少年を参内させたと知り、すぐ参上して御鱗台で水を御して証明せよと挑発します
すると始めこそ水流の扱いに苦戦し、かえって猛烈な豪雨を引き起こしてしまった軒轅暉でしたが、やがて見事に水流を融合し、昆京に青空が戻ります

戦北野たちと行動を共にすることになった扶揺の前に新たな登場人物が
それは邛葉(キョウヨウ)族の公主・雅蘭珠(ガランジュ)
雅蘭珠は五州を旅している時に北野と出会い、一目惚れしてからもう何年も追いかけ回しているとか
北野と部下たちはけたたましい雅蘭珠が苦手でしたが、扶揺の口利きで同行できることになりました
雅蘭珠は後押ししてくれた扶揺に感謝し、2人はすっかり仲良しに
蘭「私は五哥哥の"小尾巴(シャオウェイバ)"なの!」
揺「しっぽな?可愛い名前ね」←あくまでイメージw
そんな中、扶揺は偶然、小七が乗っている馬車を発見します
実は扶揺と小七はあらかじめ何かの時には印を残すよう示し合わせていたんですね
城門にいた門衛の話では、帳に印があった馬車は国公府のものだとか…

扶揺は戦北野一行に紛れて昆京城下へ入ります
烈王の来訪は斎震の私事で内密、雲痕が出迎えに現れ、用意した屋敷へ案内しました
北野は早速、斎震と面会し、正直に摂坤鈴を盗まれたと報告
もし取り返せない時は全ての責任を負うと約束しましたが、斎震は怒った様子もなく、捜索する猶予まで与えてくれます
それもそのはず、実は戦南城が斎震に送った返信には暗号が隠れていたんですね〜
戦南城の本当の要求は領土ではなく、後顧の憂いとなる烈王を消すことでした

上巳節(ジョウシセツ/3月3)の夜
扶揺は雅蘭珠と連れだって街へお出かけ
画像
その間に屋敷では北野が自分に毒酒を飲ませようとした奸臣・林易(リンイ)を捕らえます
実は摂坤鈴が盗まれた時点で裏切り者がいると気づいていたんですね〜
しかし部下を信頼している北野は扶揺を犯人に仕立て、追い詰めずに真相を探っていたようです
結局、林易は隠し持っていた匕首(ヒシュ)で自分の腹を刺してしまいます
そして死に際に家族を盾に斎震に脅されたと暴露して息絶えました

一方、扶揺は北野が戦家の老三(三男)だと聞いていたため、雅蘭珠がなぜ五哥哥(五番目の兄)と呼ぶのか不思議でした
雅蘭珠の話では北野の兄は確かに2人、数年前に天煞王となった戦南城と戦北恒(センホクコウ)ですが、本来、戦家にはあと2人の王がいたといいます
その2人は北野の異母兄弟、しかし南城と王位を争って殺されてしまいます
母・静妃を人質に取られた北野は大人しく兵権と領地を差し出すほかなく、現在はただの無力な王でした

雅蘭珠は一足先に屋敷に戻り、扶揺は橋の上でひとり小七の無事を祈ります
その姿を裴瑗と奴婢・阿烈(アレツ)が発見
ここで会ったが百年目、裴瑗は扶揺を捕らえるため無断で令牌を使い、姑父の精鋭たちを動かしてしまいます

北野は戦南城が自分を殺すため、斎震の手を借りたと勘付きます
しかし戦家の宝物・摂坤鈴を取り返すまで昆京を離れられず、側近の紀羽(キウ)に令牌を託し、部隊を引き上げて母を保護するよう命じました
すると毒殺計画があえなく失敗した斎震がすぐ刺客を送ってきます
北野は刺客を1人残らず片付け、ちょうどひとりで屋敷に戻ってきた雅蘭珠を連れて脱出しました

さて第12話では宗越の正体が分かります
宗越の本当の名は軒轅越、父は亡き文懿(ブンイ)世子でした
上巳節は虐殺された家族の命日
本来は復讐を果たして一族の冤罪を晴らすまで戻らないつもりでしたが、無極から廃屋となった祖宅に呼び出されます
実は御霊を荒野に野放しにしておくのが忍びないと、無極が宗越の家族の遺骨を拾って埋葬し、祖廟を準備していました
すると無極は殿内に宗越への贈り物があると教えて帰ることにします
ただその贈り物が宗越にとって吉と出るか凶と出るかは分からないとか…
その贈り物とは斎震の養子・雲痕の生年月日でした
↓かつてこんなネコもいたんです@世子府
画像

宗越と別れた無極は偶然、兵士に追われる扶揺を見かけます
咄嗟に扶揺を助け、おとりとなって颯爽と消えると、すぐ次の目的地・奴隷場(奴隷たちを戦わせる賭場)の地下牢へ
そこにいたのは文懿世子の家族と親交が深かった邱(キュウ)先生でした
邱先生は主を裏切って栄達を求めましたが、良心の呵責から軒轅越だけを逃しています
無極は軒轅越が生き長らえ、家宝である龍鱗甲(リュウリンコウ)を探していると教えました
すると邱先生の顔に生気が戻り、これで償いができると感慨もひとしお
「千百年来、多くの人間が五州の神器を追い求めて命を落とした
 龍鱗甲がなければ、太淵はこのように混乱することはなかっただろう
 しかし龍鱗甲なくして、どうして太淵が存続できようか…」ʅ(◔౪◔ )ʃ<意味わからん

一方、無極に助けられた扶揺は再び裴瑗の罠にかかり、偶然にも無極と同じ格闘場にいました
裴瑗は扶揺を奴隷たちと対戦させて殺そうと企みましたが失敗
かえって奴隷たちが暴動を起こし、門を開けて外へ飛び出してしまいます

つづく

(^ꇴ^)分かっているようで分かっていない私…w

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ
暑い中 扶揺皇后#9〜12 up ありがとうございます。
>かつてこんなネコもいたんです@世子府
我が家にも そっくりなにゃんこが います、強面ですが イクメンです。(笑 二児のパパです。)
最早 ウンコン頼り。なんとか 乗り切れるかな〜。
あとは 「白蛇伝」「芸汐伝」とか ヤンヤンの新ドラマ(ポンポンが出演している)などを 視聴中です。
では また よらせていただきますね。 
るーく36
2018/07/11 18:31
るーく36さん
(≧∀≦)キャアー!イクメン猫さん!
もちろんキュートな猫さんも可愛いけど、個人的には強面派です(^ꇴ^)
さて扶揺ですが…私は雲痕にもハマれず、もはや元宝だけが楽しみという…w
すっかり忘れてましたけど、皇后の話なんですよね
宮中になってからちょっと辛くなって来たかも、それに字幕もなくなっちゃったし…
視聴は続ける予定ですが、あらすじはそろそろ限界かもしれません
また面白いドラマがあったらご紹介ください
管理人
2018/07/11 21:57
#9〜12upありがとうございます
とりあえず美川先生はまっとうな復讐理由があるようで(^w^)→思い込み&逆恨みでなくてなによりです
せっかく自由の身になったのに皆が居るところへ行くという→ま、これで話が続くのだけど(^-^;
るーくさん家は猫ですか(ФωФ)、我が家にはミニチュアならぬデブチュアダックスがポテポテの腹を見せながら爆睡してます

萌妃、公式upされててウレシー!意味不明なとこも気にならないくらいに楽しんでます(^w^)ちゃんと解ればガールズトークももっと楽しめるんだろうけど……
白蛇伝1話見ました。紫宣の人はやはりヅラが似合わない……もう一人の人は別姫で敵役の安なんちゃらかしら?
今はまってるのは重返20才、古装ものではないけど面白いです
マイサンシャイン、最後まで見ました
後半、クマーが日焼けで黒クマーになってたんだけど、どうしても大澄●也に見えて笑った〜、ファンの方ごめんなさい(小●ルミ子の元旦那よ)
では、またm(__)m
じじこ
2018/07/12 14:44
じじこさん
美川先生ってちょっとwwwコーヒー返して(≧∀≦)
そしてデブチュアダックスのお腹をボヨンボヨンしたい〜!(≧∀≦)

萌ちゃんは前半が1話完結のコントドラマみたいなのよね(笑
あの生まれ変わった鶏とか、元ネタがあるらしいわ
何だか見ているだけで楽しい!ネー(=´∀`)人(´∀`=)ネー

>今はまってるのは重返20才、
お勧めに出てくる、これ
じじこさん「芸汐伝」はどう?私は主人公と城田◯で挫折したけど(笑

>後半、クマーが日焼けで黒クマーになってたんだけど、
黒熊!からの大澄●也?いやいや、ここはやっぱりしげるで?www

今、白蛇さんの7-8話を見ました(^ꇴ^)
なぜか見ちゃうのよ〜このネタドラマ@1.5倍速w
帝君の声だから?!
と思ったら、そう言えば萌妻の夏淳于も同じ声だった!
やっぱり声だわ、私(笑
管理人
2018/07/12 22:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
【本国放送】扶揺皇后#9〜12 ココと狐狸洞の書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる